【興奮するエロ漫画】姉はヤンママ授乳中in熱海編〜実家編〜金髪美女のいやらしい声に興奮

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘・エンガワ卓

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編〜熱海編】

タイトルエッチなことが好きになってしまった彼との出会い。彼と出会ったのは、とあるオンラインサイトでした。私も彼も実際会うのは初めてでした。

 

そこで私は彼の魅力に惹かれてしまいました。はじめのうちは、趣味の話しや仕事の悩みなど話すようになりました。

 

彼も話しを合わせるようなことをせず、普段の生活や、仕事やこれまでの人生について話しをするようになったある日突然彼からホテルのお誘いがありました。

私はそう言った行為をしたことがなく、付き合ったこともない人生だったので、凄く不安でした。

 

そのことをそれとなく彼に伝えました。そしたら、彼が言った一言が、僕と経験して、僕よりいい人が見つかった時にきっと出来るようになるためには僕と練習しようって言ってくれたのです。

私は凄く嬉しかったし、練習台になってくれる彼の優しさは凄く惹かれました。

 

彼は私のことを優しく抱きしめながら洋服を脱がしながら私は初めて裸体になろうとしたとき、私は彼の前で裸になっても恥ずかしくないことに気づいたのです。

本当に好きだと恥ずかしくない上に、優しさとぬくもりを感じられて幸せに思う行為だということに気づいたのです。そして彼は慣れた手つきで私にエッチなことを教えてくれました。

 

私はオナニーもしたことない人生で下ネタが苦手だったのですが、彼が私にエッチなこと言っていい?って聞いてきたときに、私は初めてオナニーと言う言葉を聴いたのです。どういうことだかは理解できなかったです。

 

そして彼が言った一言が教えあげる。ってことでした。

 

彼が本当にそういうことしたことがないんだねと言われたときには恥ずかったですけど、私は彼のことを信用していました。

 

彼がじゃあ痛いかもしれないね。でも気持ちよくなると思うけど、頑張れる?って聞かれたときは、私は緊張しました。

頑張れるかどうかは私はわからないと答えましたがこれから未知の経験を体験をすることに、嬉しかったです。

 

彼は慣れた手つきで私の裸体を触り、胸揉んで痛くない?って時々聴きながら、私の裸体を触り、そして乳首を舌で舐められたり、私にとって初めての経験でした。

気持ちいいとかではないですが、赤ちゃんができたときにはそんな感じで乳首を舌で舐められるのかなと想像していました。さらに彼が私のあそこを舐めたときには、なんとも言えない感じでした。

 

指を入れられたときには、ちょっとだけ痛かったことを彼は感じて、私の指をあそこに入れました。

 

そして私は初めてオナニーをしました。彼の指に変えて入れたときには私は気持ちよくなっていました。

 

そんな彼とは結婚3年目になります。いつか子どもが出来れば良いなぁと思う日々です。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘・エンガワ卓

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。